d37e228576c5416ba2c0e8b5e80663df_s

サンガムツアー新聞 vol.1

Posted on

5-55

サンガムツアーまであと4ヶ月!「インドってどんなところ?」「準備するものは?」などなど、知りたいことがたくさんあると思います!!そんなみなさんの声にお応えするため、JYS実行委員会が新聞を発行していきますので、ぜひぜひお目通しください!

 

 

 

★インドの基礎知識!どこにあるの?どんなところ?

インドと言えば人口が多い!大きい!と言うイメージがありますね!その人口は13億人で世界第2位、インドの面積は世界7位、南アジアにおいては1位と言う広大な土地を持つ国です。

また、地域によって言葉や文化、信仰する宗教が違い、政府が公認する言語だけでも15あります。インドのお札を良く見てみると、15種類の異なる文字が描かれていることがわかりますのでぜひ現地で見てみてくださいね!

16-18

 

場所はミャンマーの左、パキスタンの右に位置する国であり、インド洋に囲まれています。基本的に隣り合う国々の国境で紛争が起きていることが多い国です。ネパールやバングラディシュとの関係はおおむね良好で、ネパールにはトレッキングツアー、バングラディッシュにはのどかな自然を楽しみにいったりとインド国内で外国人向けのツアーが組んであることもしばしばです。

 

 

★サンガムのあるプネーってどんな街?

インドの街は賑わっていて人が多く、牛、牛、牛。インドでは牛が神聖な動物とされているので好き放題に野良牛が街中に生息しています!そんなインドらしい光景を見るのも楽しみにしていてください!

16-42

 

サンガムがあるプーネ(プーナ)は、プンニャ・ナガリ(「善行の町」)として有名!まさにワールドセンターのある街にふさわしい土地です。場所はインド中西部、マハラシュトラ州にあります。600年ほど前の歴史を持つ、ロマンティックでかわいらしい小さな町です。「インドのオックスフォード」と呼ばれるデカン大学、工科大学やファーガソン大学など多くの大学が1800年代から存在し、知識の中心地は、「熱心な者たちが崇高な目的のために集まる巣箱」として、マハトラ・ガンジーに評されました!

17-5

そして近年プネーはビジネス都市へと急速に発展しています。現在、人口450万の2番目に大きい州。ここ数年は、自動車産業が急成長を続け、メルセデスベンツやフォース・モーター社など大企業の工場もあります。また多くのIT産業やソフトウエア開発会社の本部もあります。でもお堅いイメージのものだけではなく、プネーは人気アトラクション、公園、庭園、文化史跡など数え切れないほどのお勧めスポットがありますよ!

 

27

 

サンガムツアーでは暖かで賑やかなプネーの空気をぜひ感じてください!!

 

サンガムツアー新聞第2段もお楽しみに〜!!